Dayトリッパー 2ちゃんねる12桁トリップ探索プログラム(10桁トリップは探せません)

CPU空き時間を利用して指定したターゲット文字列に合致する12桁トリップを探索するプログラムです。

つかいかた

①を押してターゲットを追加します。ターゲットの指定方法は「追加」を押して出てくるダイアログボックスをご覧ください。同じ書式で作ったテキストファイル(SJIS)からターゲットリストをロードすることもできます([ファイル]-[ファイルからターゲットリストを読み込む])。

②のリストにターゲットが入ったら、探索処理のスレッド数を指定して③探索開始を押すと探索が始まります。スレッド数は既定値(*がついている数字)を選択するとすべてのCPU空き時間を使うので探索が速くなります。パワーセーブしたい場合はスレッド数を減らしてください。

トリップが見つかると②のリストの「発見」欄の数字が増えます。②からターゲットをクリックすると④の欄にトリップキーとトリップが表示されます。

[ツール]-[設定]でスレッド数の既定値を変更できます。探索中のPC自動スリープの抑制も設定できます。

以下のコマンドラインパラメータが指定できます。

パラメータ 説明
/SSE2
/SSE3
/SSSE3
/SSE4.1
/SSE4.2
/AVX
/AVX2
CPU拡張命令セットの使用を制限します。指定したレベルまでの命令セットを使いそれより上の命令はCPUについていても使いません。
いずれも指定しなかった場合はCPUについている命令セットを使います。
指定する場合は左のいずれかひとつだけを指定してください。CPUについていない命令セットを指定した場合は無視されます。
どの命令セットを使う設定になっているかは[ヘルプ]-[バージョン情報]で確認できます(CPUについていない命令セットと指定により使わない命令セットは淡色表示されます)。
/AVX2はDayトリッパー2のみです。
/START 起動時に探索を開始します。
/STARTの指定の有無にかかわらず、ターゲットリストはプログラム終了時に自動セーブ専用ファイルに自動セーブされ起動時に自動ロードされます。
/STARTを指定すると起動時に前回終了時のターゲットリストでの検索が始まります。
/NO256 256ビットSIMD命令の使用をしません。
Dayトリッパー2でAVX2使用時のみ有効です。

Dayトリッパー2

第4世代インテルCore iプロセッサはまさにトリップ探索のために生まれたCPUです。

Dayトリッパー2では、第4世代であらたに装備されたAVX2(SIMD 256ビット整数演算)を駆使し、驚きのパフォーマンスをたたき出します(当社比)。

それ以外のCPUでもVer2.1では若干の性能向上が見込めますので旧版をご利用の方はバージョンアップをおすすめします。

注意

スレッド数を既定値から減らさずに使った場合、探索中はCPU使用率がずっと100%になります。電源や放熱に弱点のあるPCで長時間使用した場合、トラブルを誘発する可能性があります。電気料金が予想外にかかるかもしれません。いかなる結果が生じても作者は責任を負いません。

「発見したトリップを溜め込むファイル」は激しく書き込みが行われます。書き込むと傷むドライブ(SSD、USBメモリなど)を指定した場合ドライブの寿命を縮めますので指定しないようご注意ください。初回起動時に表示される既定のディレクトリがそういうドライブである場合は変更してください。

ダウンロード

Dayトリッパーはフリーソフトウェアです。

ソフト名/バージョン 動作環境 サイズ 公開日
Dayトリッパー2 Ver 2.1.0.1 無料ダウンロード Windows 10 64bit、Windows 8.1 64bit、Windows 8 64bit、Windows 7 64bit SP1
メモリ4GB以上
1.24MB 2013/9/20

32bit版のWindowsでは動きません。

インストール方法

ダウンロードしたファイルにはDayTripper.exeというファイルがひとつだけ入っていますのでこれを適当なフォルダに置けばそのまま使えます。最初の起動時に「発見したトリップを溜め込むファイル」のパス名を聞いてきますので注意事項をお読みの上指定してください。

アンインストール方法

[ツール]-[設定]で「終了時レジストリから設定を削除」にチェックをつけてOKを押し、Dayトリッパーを終了したあと、DayTripper.exeと「発見したトリップを溜め込むファイル」を削除してください。

旧版です→v2.0.0.1 v0.0.0.1 改版履歴



Office Daytimeホームページ http://www.officedaytime.com/