ハブが使えない、インターネットに同時接続できない、IPアドレスを取得できない

ひょっとして、モデム/ONUにいきなりスイッチングハブをつないだりしていませんか?


モデム-ハブ-パソコン2台(またはゲーム機等)
(ルーター無しでハブで分ける)


モデム-ハブ-無線ルーターとパソコン
(モデム/ONUとルーターの間にハブをつないで分ける)


モデム-ハブ-ルーター2台
(モデム/ONUとルーターの間にハブをつないで分ける)

このページでは、なぜモデム/ONUにいきなりスイッチングハブをつないでも複数で同時にネットできないのか、どうすればうまくいくのか、を簡単に説明します。

(このページの内容は、ADSL・光・CATVなどのブロードバンド回線で家庭からインターネットに接続している場合を想定しています。このページ内の「ルーター」は家庭用のブロードバンドルーターのことです。)

複数台の機器がつながるのはルーターの内側

インターネットにつなぐには、ネットにつなぐ機器(PC、スマホ、タブレット、ゲーム機、デジタル家電等)ひとつにひとつずつ「IPアドレス」というものが必要ですが、プロバイダはふつう1契約でひとつしかIPアドレスをくれません。なのでモデム/ONUのLANポートにつなぐことができるのは1台だけです。ハブで端子だけふやしてもIPアドレスがひとつしかないのでそのうちの1台しかつながりません。

この状況を打開するのがルーター(ブロードバンドルーター)です。ルーターの内側ではローカルIPアドレスをたくさん使えるので、プロバイダがひとつしかIPアドレスをくれなくても複数の機器をつなぐことができます。ルーターは、ローカルIPアドレスとプロバイダからもらったIPアドレスを変換することで、複数の機器からネットできるようにします。これをIPマスカレード(NAPT)といいます。

ブロードバンドルーターは口を増やす装置でも電波を出す装置でもなく、NAPTをする装置です。

ローカルIPアドレスが使えるのはルーターの内側だけなので、ハブで口を増やしてつなげるのはルーターの内側ということになります。


有線で複数台の機器をつなぐには、有線ルーターをつなぎます。有線ルーターは、ルーターとハブがくっついた装置です。


有線と無線を使うには、まず無線ルーターをつなぎ、有線の機器は無線ルーターのLAN側につなぎます。無線ルーターは、ルーターとハブとアクセスポイント(無線親機)がくっついた装置です。無線親機はルーターの部分ではなくアクセスポイントの部分です。


無線親機を2台つなぐには、無線ルーターのうち1台をルーターとして使い、もう1台をブリッジモード/アクセスポイントモード(ルーターOFF)にして内側につなぎます。無線親機はアクセスポイントの部分ですので、ルーターをOFFにしても働きます。


古めのADSLモデム等ではLAN端子がひとつだけでもルーター機能を内蔵している機種があります。この場合はハブで口を増やせます。

詳しくは以下のページをご覧ください。

ネットの回線を分配してつなぐ機器を増やしたい

有線LANと無線LANを両方使いたいけどモデム/ONUのLAN端子がひとつしかなくて…

ルーターを2個つなぎたい・ルーターにルーターをつなぎたい?

ルーターって何をやってるの?

ルーターがないと2台以上同時接続は絶対できない?

うちはただハブで分けただけで2台つながってるんだけど…3台目がつながらない