手軽に透明重ね 透過対応画像重ねソフト

【手軽に透明シリーズ】 手軽に透明png  手軽に透明文字  手軽に透明重ね

複数の画像ファイルを重ねて一枚の画像にして保存するだけのソフトです。

「手軽に透明png」や「手軽に透明文字」で作った画像を背景になる画像と重ねてひとつの画像ファイルにまとめることができます。

もちろん他のツール等で作った透過pngファイルや透過gifファイルも重ねられます。

つかいかた

画像を取り込んで重ねて位置を合わせて保存すればできあがりです。

背景になる画像を取り込みます。画像は以下のいずれかの方法で取り込めます。

コピー元のソフトによっては貼り付けやドラッグ&ドロップでは取り込めないかもしれません。その場合はファイルに保存してから取り込んでください。

上に重ねる画像を取り込みます。取り込み方は前と同じです。

画像ウィンドウ内で画像をドラッグして位置を合わせます。

レイヤーを囲む点線は編集作業をやりやすくするためのものです。セーブされる画像には入りません。マウスカーソルをウィンドウの外に置くと点線が消えてセーブされる画像のプレビューができます。

同じ手順で3枚め以降の画像を取り込んで重ねることもできます。

お好みに重ねられたら、[ファイル]-[名前を付けて保存]でファイルに保存します。

重ねた結果、最終的に透過部分(透明または半透明のピクセル)が残っている画像は透明度を維持してpngファイルに保存できます。透過部分がない画像はpng、jpeg、bmpのいずれかの形式で保存できます。

画像を保存すると、画像ファイル名の後ろに拡張子「.kasaneproj」がついたファイル(重ねプロジェクトファイル)が同じフォルダに作られます。このファイルには、重ねた元の画像データと、どう重ねたかの情報が保存されています。手軽に透明重ねを起動して、[ファイル]-[開く]-[プロジェクトを開く]でこのファイルを開くと、重ね方を修正できます。修正の予定がなくなったらこのファイルは削除してください。

その他

重ねる順序はレイヤーリスト内で項目をドラッグ&ドロップすると変更できます。レイヤーリストで上に表示されているものが手前に重なります。画像を右クリックして出てきたメニューから [最前面へ]、[最背面へ] を選んでも変更できます。

取り込んだ画像を拡大縮小できます。レイヤーをひとつだけ選んで枠をドラッグするか、プロパティで大きさまたは拡大率を変更してください。縮小すると画像の中の細い線が消えてしまう場合は[補間]にチェックをつけるとよくなるかもしれません。

四角形単色塗りつぶしと楕円形単色塗りつぶしはペイント等で画像を作って取り込まなくても中で作れます。四角形レイヤー、楕円レイヤーをクリックすると画像左上にレイヤーが追加されるのでお好みの位置にドラッグしてサイズを変更してください。を押すとが出るので、色と不透明度を変更してください。

画像の不透過率を下げると半透明にして重ねることができます。透明部分は透明のまま不透明部分を半透明にすることができます。

レイヤーリストからキャンバスを選択して枠をドラッグすると、重ねた結果の画像をトリムできます。

各レイヤーの [名前] 欄はレイヤーリストに表示される名前です。セーブされる画像には無関係です。レイヤーがたくさんあってリストが見づらい場合など、適当にわかりやすい名前をつけてください。

ダウンロード

手軽に透明重ねはフリーソフトウェアです。

ソフト名/バージョン 動作環境 サイズ 公開日
手軽に透明重ね 1.2.0.1
32bit版
無料ダウンロード 32bit(x86)版、64bit(x64)版Windows用
Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7
1.32MB 2016/3/5
手軽に透明重ね 1.2.0.1
64bit版
無料ダウンロード 64bit(x64)版Windows専用
Windows 10、Windows 8.1、Windows 8、Windows 7
1.58MB 2016/3/5

インストール方法: ダウンロードしたzipファイルを開き「手軽に透明重ねインストーラー(.exe)」を起動してください。zipを展開しなくても実行できます。

アンインストール方法: コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」から手軽に透明重ねを選んでアンインストールしてください。Windows 10の場合は[スタート] - [設定] - [システム] - [アプリと機能]でもアンインストールできます。

改版内容(1.1.1.1→1.2.0.1)

FAQ

番号 問題 対処
1 画像の大きさ、拡大率、不透過率の入力欄がグレーになっていて変更できない

もとの画像が大きい場合※は、入力欄のそばに「・・・」と書いてあるボタンが表示されます。これを押すとダイアログボックスが出るのでそちらで変更してください。

※[ツール]-[設定]-[パフォーマンス]で設定されているピクセル数より大きい場合。詳細はそのウィンドウの説明をご覧ください。

2 名前をつけて保存のダイアログボックスでpng形式しか選択できない 重ねた結果、透過部分(透明、半透明のピクセル)がある画像の保存はpngのみになります(jpegやbmpでは透過情報を保存できないためです)。

レイヤーリストからキャンバスを選び、その下の[色]欄の右のボタンを押して不透明色(不透明度255)を指定すると、不透明キャンバスの上に重ねる形になって透過部分がなくなりますので、jpegやbmpでの保存ができます。
3 保存したpngファイルを他のソフトで開いたとき
・読み込めない
・表示が異常
・透明にならない
etc

手軽に透明重ねで透明度のあるpngファイルを保存した場合、アルファチャンネル付きの32ビット/ピクセル形式のpngファイルになります。

この形式のファイルを正しく読み取れないプログラム、この形式では透過情報を受け取れないプログラム、そもそも透過情報を受け取れないプログラムでは使えません。

4 商用の画像の編集に手軽に透明重ねを使ってもいいか? 自己責任でご自由にご利用ください。
5 重ねた結果の画像をクリップボードにコピーしたい [編集]-[重ねた結果の画像をコピー]でできます。

旧版にはこのメニュー項目がないのでバージョンアップをおすすめします。
6 上のサンプルで背景に使われている画像のようなグラデーション画像を自作したい 姉妹品「手軽にグラデーション画像」をお試しください。
7 画像を回転して重ねたい 姉妹品「手軽にななめ直し」で画像をお好みの角度に回転してからコピーして本ソフトに貼り付けるとできます。透明部分がある画像を回転する場合は、「手軽にななめ直し」の設定で余白の色を透明(不透明度=0)にしてください。


Office Daytimeホームページ http://www.officedaytime.com/